プロポーズに必要

婚約指輪をリフォームして渡すことが人気

婚約指輪というと、一般的に男性から女性へプロポーズの気持ちとして贈るものです。一般的に予算は、給料3ヵ月分といわれています。ですが、不況の昨今、そんなに予算はかけられないと考える人は多くいます。そういう方に今話題なのが、婚約指輪のリフォームです。 これは、母親や祖母が持っている指輪を新しいデザインの指輪へリフォームすることです。指輪をリフォームして渡すメリットは、受け継いだ指輪というお金だけでは買えない価値がつくことです。自分の大切な人に、世界に一つしかない指輪を贈るといった付加価値は魅力といえます。 また、リフォームの場合、予算に応じて作れる点も魅力です。もともと宝石や金属があるので、リフォーム代だけで指輪が手に入ります。

リフォームをお願いする時の注意点

近年では、婚約指輪をリフォームする人が増えています。リフォームは人気ですが、婚約指輪をリフォームする際には気を付けなければならないことがあります。それは、宝石についてきちんと知識があるお店にお願いすることです。というのも、宝石の硬度が軟らかい場合は、加工のための技術が非常に重要になるからです。逆に、宝石の硬度が硬すぎる場合でも、ちゃんと知識がないと欠ける恐れがあります。リフォーム時には、宝石の硬度によって加工方法も違います。なので、宝石についてきちんと知識がある店を選ぶ必要があります。なかには、宝石の知識は全くなく、デザインだけを重視したお店もあります。そのように間違った店選びをすると、納得できる施工を行ってくれません。よって、慎重にお願いする店を選ぶことが大事です。